ついに・・!

d0109673_2304898.jpg







私ではありません(笑)

妹の来春の挙式に向けてのウエディングドレス選び

私も付いて行きました



幸せオーラを放っています

夢のようです




そしていつかは私も・・・(夢)
[PR]

# by i-love-freo | 2010-11-09 00:00

ぬくもりのある椅子

帰りの電車待ちのホームで椅子に腰掛けようと思ったとき、
一瞬あぁ、冷たいかも・・・と思った


でもそうじゃなかった。

d0109673_2291170.jpg
都会じゃ珍しいかもしれない、木の椅子

優しい手触り

一体今までどれくらいの人が腰掛けてきたのだろう・・・?
[PR]

# by i-love-freo | 2010-11-05 00:00

ヴィパッサナー瞑想体験記(9)~コースを終えて~

10日間のヴィパッサナー瞑想 日本ヴィパッサナー協会 
  
体験記(1)~初めに~ 
体験記(2)~1日の流れに慣れる~ 
体験記(3)~眠気と呼吸~ 
体験記(4)~周囲との関わり~ 
体験記(5)~感じること~ 
体験記(6)~やり遂げること~ 
体験記(7)~消えていく身体の痛み~
体験記(8)~聖なる沈黙の解禁~

*******************************

10日間のコースが10月24日に終わり、すでに9日間が経ってしまいました。
その後は比較的時間に余裕のある生活で、心の平静さを保てる状況だったので、こうやってゆっくりと振り返って体験記としてまとめることが出来ました。

その間のセッションで出会う人、日常生活で出会う人、家族との関わりが今までと比べて劇的に変化したか??というとそうでもないけれど、常に心が落ち着いて、会話が楽しめたり、集中力が増した気がします。


コースの最後には
「これからが修行の始まりです。日々の生活の中で常に平静な心でいられるために、毎日朝、夕1時間ずつの瞑想をしなさい。」と言われました。

日常生活に戻った日から、携帯の目覚ましアラームを鐘の音にし(笑)、雑音や家族が見ているテレビの音を閉ざすために耳栓を購入したりしながら(これはなかなか優れものです!)無理の無い範囲で続けてます。


そしてこの体験記を書いている途中で、
10年近く関係が途絶えていた昔の友人から「ヴィパッサナーに参加した事がある!」という連絡があったり、
興味があって参加してみたい!というクライアントさんに出会ったりと、これからの繋がりが楽しみです。

でも実際に10日間という時間を生活の中で作るのは難しいもの。
家族を持つクライアントさんに参加を勧めることは出来ないけれど、
全てはタイミングで流れていると思います。

私の参加のきっかけは、3,4回参加コースに参加した事のあるという、家族のように親しくしているタイ人の女の子の勧めでした。
時間の調整がし易い今だからこそ出来る事を探していた時の参加です。



*******************************


S.N.ゴエンカ氏の伝えるヴィパッサナー瞑想は、
ブッダの解脱への道である「ダンマ」を宗教と一切関わらず説いた教えで、
全てがボランティアで運営されています。
そこで一つの徹底した瞑想法を学ぶことができます。

イメージや言葉、祈り、動きなどを使わず、徹底して平静な心で内を見つめるこの瞑想法は、人によって合う、合わないはあるかと思います。
個人的には、コース中で得たものがこれからの生活の中で大きく影響していくであろうと思います。


そしてひたすら内へ向かうヴィパッサナー瞑想ですが、コースの最後にゴエンカ氏が伝えてくれた
心を浄化した状態でこの瞑想の結びの段階で行われる
『メッター・バーヴァナー(=愛と慈しみの瞑想)』というのがあります。

内から外へ、全ての生きものに対して純粋に思いやりを持って慈愛を送る瞑想法です。


いつでもこの瞑想が出来るような心の状態であるために、
日々の生活でどんな状況であっても心の平静さを保ち続けられるよう、暮らして生きたいと思います。




[PR]

# by i-love-freo | 2010-11-01 09:00

ヴィパッサナー瞑想体験記(8)~聖なる沈黙の解禁~

10日間のヴィパッサナー瞑想 日本ヴィパッサナー協会 
  
体験記(1)~初めに~ 
体験記(2)~1日の流れに慣れる~ 
体験記(3)~眠気と呼吸~ 
体験記(4)~周囲との関わり~ 
体験記(5)~感じること~ 
体験記(6)~やり遂げること~ 
体験記(7)~消えていく身体の痛み~

*******************************

このヴィパッサナー瞑想では体を動かさず相手とも接触せず、ただひたすら身体の湧き出てくる反応を感じる。
(誘導では身体の表面だけでなく、更に骨、内臓、骨髄の中まで観察出来るようにとは言っていたけれど、その為には、これからの修行が必要のよう・・・)

常に平静な意識で、それが消えていくのを観察する。
そうすることが心の奥深い過去の反応を浄化していく。

心の浄化をすることが、ブッダの唱えるダンマ=自然の法に従って生きていくことになる・・・
 ・
 ・
瞑想中や休憩中、考えていたのが、yogaや整体との関係。
yogaはアサナをすることで動きをつける。プラーナヤマで呼吸をコントロールする。
整体、特に野口整体では相手の身体の本来の動き(=活元運動)を手を当てて癒気することで促す。

どちらが良い、悪いではなく、yogaをやるときにも施術をするときにも、常に心の平静さを保つ状態でいるために、ヴィパッサナー瞑想を日々の生活で取り入れていきたいと思った。

*******************************

そして、10日目の朝、、ついに聖なる沈黙が解禁された!
今まで相手の顔を見ることも無く、服装や後姿で何となく人を識別していた10日間が解禁されて言葉を交わすことが出来る。

沈黙の朝の瞑想を終えて外に出て、最初に言葉と眼を交わしたのは台湾の女性との「気持ちいいですね・・」という会話だった。
いつも休憩時間に宿舎の周りをゆっくりと歩いてた、印象に残っている方だった。

そして次々と人と会話をする。

みんな10日間どんな感じだったか、どうしてこのコースを知ったか、どこに住んでるのか、何をしているのか、コース中あの時あんなことしてなかった??など、一気に人と人との交流が始まった。

私こんなに喋るんだっけ??というように次々と言葉が出てくる。
そして人の眼を見て笑える幸せ。
壁や床にいるカエルやカマキリを見て可愛いと言い合える幸せ
最後の夜、まん丸の満月を見て綺麗だね・・・と言い合える幸せ

みんなの顔が笑顔だった。
当たり前の事が幸せだった。

d0109673_15504960.jpg
rikaさんの写真より
帰りのバスを待つまでの参加者の一部の人たちと。
今回参加者は多分女性32名ほど、男性20名ほどはいました。




そして明日から普通の生活が始まる。
もっと周りと複雑に関わっていかないといけないかもしれない。

でもいつでも自分の向き合える方法を知っているか知らないかで、これからの生活が変わっていく気がする。

とても大きなものを一つ手に入れた事は確かです。




(9)へ続く
[PR]

# by i-love-freo | 2010-11-01 08:00

ヴィパッサナー瞑想体験記(7)~消えていく身体の痛み~

10日間のヴィパッサナー瞑想 日本ヴィパッサナー協会 
  
体験記(1)~初めに~ 
体験記(2)~一日の流れに慣れる~ 
体験記(3)~眠気と呼吸~ 
体験記(4)~周囲との関わり~ 
体験記(5)~感じること~ 
体験記(6)~やり遂げること~

*******************************

昔から仙骨左の奥の痛みが、ずーっと取れない。
以前野口整体の平野さんに診てもらったときに、過去の深い感情かもね~とは言われていた。
それからyogaやったり、癒気をしたりしていたけれど、なかなか取れなく、
日頃感じていなくても、忘れた頃に痛みを感じていた。


それが・・・・先ほど1時間瞑想をやり通してから、何となくだけど無くなる感じがした。
すぐには無くならないかもしれない。また更に深い奥底の痛みが出てくるかもしれない。
でも今の痛みは消えたように感じた。


その後も瞑想時間は続く。

気持ちはすっかり落ち着き、完全に自分の内に向かっている様で、ひたすら自分の身体の表面を感じる。
私は表面というより内側から感じやすいかもしれない。

体勢による膝や腰の痛みは、しばらくその部分に感覚を集中していると、不思議と消えていった。
首の頚椎の右側が痛い、、、痛みがある、、、と感じていると消えていく。
(瞑想中で無ければ首を回したり、手で押さえたりするけど)


ただ感じるというヴィパッサナー瞑想法でこれは正しい方法かは分からないけれど、
左肩甲骨周辺の感覚が鈍かったので、しばらく意識をその周辺に留めていたら、
昔からの家族との関係を振り返っていて、ただ振り返っていて気付いたら左肩甲骨周辺の痛みが出てきては消えた。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

こんな感じで3日間ほど体の内を見つめる瞑想が続いた。
時には午前中全く集中できなくて、少し昼ごはんを多めに摂り過ぎて後悔したこともあった。
その時はお昼休みにひたすら周辺をグルグル歩き回って、しばらく山を眺めていたら、
そんなこともあるさ、波はあるさ、変化し続けるのさ・・・と気楽になれた。

コースの終わりが見えてくる8日目くらいになると、少しでも早く瞑想ホールへ!!という気持ちが強くなり、
自分の周辺を軽く掃除し、スタートの鐘が鳴る頃には準備が整っているようにしていた。

 ・
 ・
 ・
 
9日目にもなると、誘導の指示では、体をパーツパーツで感じていくだけでなく、
より流れる感覚を、途中で詰まった感覚があったら意識を留める様に言われた。

大きな流れとして感じたら、骨盤を開くようにしたくなり、両足裏を合わせてあぐらをかいた。
身体全体で呼吸する。
骨盤底、第一チャクラとも言うところが開き、仙骨、背骨、後頭部を通って深い呼吸が流れていくのを感じた。



瞑想中に聞こえる外の鳥の声や風の音、ホールを出れば見える山々、裸足で感じる大地、
今ここに居ることが本当に幸せにだった。



(8)へ続く
[PR]

# by i-love-freo | 2010-11-01 07:00