<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東洋医学とヨガ・2

「吐く呼吸を意識して」

前々からヨガの先生に言われ続け生活には取り入れています


が、ずっと最近ヨガの時の呼吸や意識と日常生活でのそれのギャップが大きくてヨガレッスンに行くたびに1週間のうちに溜まったカラダの滞りのメンテナンスをするようで、
どうしようもなくずっと自分の身体がココロと一つになっていないと感じています


そんな中、前回書いたのみさんの東洋医学講座で客観的に診ても自分の身体にエネルギーが溜まっていると見えて、そうなんだよな・・と納得


その講座の後に行ったヨガのクラス

いつもその日のレッスン内容は先生が当日いるメンバーで必要な事を取り入れてくれます
多分先生は無意識で始めるんでしょうけどね


ジョシ先生は前触れも無く鼻から勢いのある呼吸をし始めました

「freoニハ今コレガ大切ダネ」

そういって呼吸を続けます

「胃ノ辺リノ空気ヲ全テ吐イテ、カラダ全部ノ呼吸ヲ吐イテ」


横隔膜を上げるイメージで、わき腹や背中に溜まっているいらないものまでも
吐き出すイメージ

フンッ!フンッ!フンッ!
鼻での勢いある呼吸は続きます

頭や肩の詰まりがふっと解ける感じ
それが気持ちよくて隣のメンバーが他のアサナをやっていても、気にせず続けます

途端にオヘソ辺りが熱くなってきて、背骨も肩も首も脚も伸ばしたくなって

カラダの赴くままに動き始めました


そうなんだよな・・・
車と同じようにカラダもエンジンかけないと動かないんだよな・・・

おなかで火を熾して消化させる、と同時に自分の意識や体も昇華していく

改めて実感させられたレッスンでした
[PR]

by i-love-freo | 2008-04-28 00:00

東洋医学とヨガ・1

昨日は朝から

先月受講した「のみさん」こと野見山文宏さんの『日本一わかる!セラピストのための生理解剖学講座』に続く『東洋医学講座』を受けてきました

昔から気になっていた「東洋医学」
振り返ると小学生の頃、家にあった分厚い「家庭の医学辞典」の経絡やツボのページに興味を持ち、見よう見真似で家族に試してみたり、
食事療法やカラダの経絡をもっと知りたくて専門書を手にとってみたは良いけれど、難しい単語ばかりで、膨大な知識は、到底頭の中に入ってこなかった・・
暗記物の東洋医学と言うのがfreoの印象です


早速講座に集まった人達で、自分の抱いている東洋医学の印象を挙げていきました

経絡・ツボ・食養生・氣・太極拳・漢方・陰陽五行・五臓六腑・・・・・・・・・

う~ん、どれも何となく分かるけど難しそう!!

のみさん曰く
「見えないものも含めて全体をぼんやりと感じること、それが東洋医学の手法です。
その意味で東洋医学の本質を一言あらわすならば『感性の医学』といえるでしょう。
これから東洋医学の小難しい理屈を学ぶ前にしっかり感性を研ぎ澄ませておきましょう。」

その話を聞いて初めて東洋医学に馴染みを感じました


そんな感じで人の体をズームアウトして観察し、カラダを廻る氣のバランスを整えるための第一段階、
「氣・血・水」の虚実を見ることから昨日は入っていきました


気=エネルギー   過剰・不足
血=血液・栄養    過剰・不足
水=体液やリンパ  滞っている・足りない

不足してるなら補う/余り過ぎているなら取り除く
冷えているなら温める/ヒートアップしているなら冷ます


チェックシートを使ってまずは自分の体質の診断をし、カラダのバランスを整えるためのアプローチ方法を学びます

仕組みや手法の詳細を書くと長くなってしまうので、ここでは書きませんが、
感じたことは

「カラダのことを細かく説明、分析しようとすればいくらでもできる

でも大きな視点で見ればエネルギーの流れを良くするのが目的なだけ!」

と言うことです


昨日の自分の診断は気滞(気の滞り)痰湿(余分な水分が溜まっている)が目立ちました

その診断はとても自分の体を診るのにわかりやすく、この講座の後に行った
ヨガのクラスでも大変参考になるのでした


東洋医学とヨガ・2につづく
[PR]

by i-love-freo | 2008-04-18 00:00

ピーナッツバター

d0109673_23594390.jpg

pociya姉さんが来たら朝食にパンと一緒に食べよう
そう決めていた手作りピーナッツバター


朝起きて台所に立ち、頂き物の落花生の皮を剥き、粒粒のままミキサーにかけた。
あっという間にサラサラなピーナッツプードルになる。
(アーモンドプードルのピーナッツ版よ)

でも油分が出てくるまでにはかなり時間がかかりそうで、
塊になってミキサーの中でゴロゴロしてしまい、刃がウィ~ンと空回りしてしまう。

そこでりんごジュースを加えてチャンキーなピーナッツペーストにした。
ちょっと一つまみ岩塩を加えて食卓に・・・


ほのかに甘いナッツの素朴な味はそれだけでエネルギーたっぷり!
[PR]

by i-love-freo | 2008-04-16 00:00

お泊り会

pociya姉さんが月一で泊まりにきてくれる。

いつも簡単手作り夕飯にちょっとお惣菜を加えて夕ご飯。
d0109673_23445468.jpg

pociyaさんの手作り讃岐うどんに柑橘の酸味を利かせて/コロッケ/レバニラなどなど・・


その後は部屋でのんびりしながら仕事のこと、家族のこと、これからのこととか話しているうちに時間が過ぎていく。


昔から面倒見のよい姉が今でもくれるアドバイスは一言一言重みがある。

その姉が気兼ねなく部屋で寛ぎながら一緒に食卓を囲み、時間を過ごす

一人暮らしの今は、そんな時間がありがたい
[PR]

by i-love-freo | 2008-04-15 00:00

春・4月

4月になって春になりました。

身の周りの全てが動き始めるのを感じます

仕事が変わる人や引越しする人、新しく目標を定める人、
人に限らず芽吹く木々、日に日に暖かくなる陽射し、ムズムズと動きたくなるカラダ、

こんなにもワクワクして太陽がこれほどありがたいと思えるのは
長い冬のお陰

そう実感します




昨日やっとゆっくりと花見をしてきました

昔は人ごみが嫌で
「わざわざ人が混雑しているところに入り込んで花を見なくても~」
なんて思って、あえて遠のいていたけど、
今年はなんだか違った

春だから自然と桜があるところに人が集まって、その桜の木の下で
お弁当食べたり、子供がはしゃいで駆け回ったり、
大学生達が先生を囲んで輪になりながらテイクアウトのピザ食べてたり、
若い人達が携帯で写真撮り合ってたり・・・

いろんな人達が各々の花見を楽しんでいる

そんな私も久しぶりに地べたに座って
作ってきたおにぎりやサラダ、デザートを食べながら
d0109673_11553.jpg


たまに頭の上の桜を愛でて
d0109673_1155675.jpg


こんな夫婦になりたいなぁ・・と桜を撮るふりしてちゃっかり
d0109673_1171391.jpg


いろいろ楽しみました。



そういえばこうやってお弁当持って一箇所で花見をする習慣って
子供の頃には無かったかも・・・て思いました


小さい頃は父の行きたい桜の名所を車ではしごする

靖国神社だったり等々力の桜並木だったり、近所の公園だったり、小学校の校庭だったり・・・

その行き当たりばったりがまた楽しかった


方法はどんなにしろ、これだけ人々が木々に思いを寄せるって今の花見の時期だからかもね


風邪で一緒に行けなかったpociya姉さん

今度は一緒に若葉を見に行こうね
[PR]

by i-love-freo | 2008-04-04 00:00