メディテーションライブで繋がる

タイムラインで時空を超えて繋がる高揚感を体感した講座の帰り
ちょっと気分転換したくなったときに良く行くライブに行ってきました。

中国の古楽器・シルクロードオーボエの管子(かんず)奏者・中島直人さんのメディテーションライブ

d0109673_074398.jpg


大自然の風を感じる管子(かんず)の音色、大地のリズムを感じるドラム、ハルモニウムの和音、そこに乗るように流れる声

ゆったりとしたライブで約1時間半の音楽はあっという間に異空間に誘ってくれます


面白いことにこのライブは、畳の大広間に敷かれた座布団の上でブランケット持参で横になって寝ることOK!
横になって聴いていると、音楽とリズムが意識と無意識の間を漂い、ライブの後には意識が深いところで整えられているのを感じます。

メディテーションライブってどんな感じ??詳しい情報はこちら→●●●



いつもは私もすぐに横になって無意識の世界に入ってしまいますが、今回は何となく座って聴きたい気分。
そしてライブ中は自然とハルモニウムや太鼓にあわせて小声で鼻歌を歌っていました。


このライブ、毎月東急目黒線多摩川駅の田園調布富士見会館の和室で開かれています。
ちなみに次は11月23日(火・祝)です。
ご興味のある方は是非どうぞ・・・
[PR]

by i-love-freo | 2010-11-16 00:00