タイムラインで感じる高揚感

最近いろいろなものが繋がることが多い今日この頃。
振り返ってみると・・・

まずは一つめ

先週の横浜 アトリエ・チャームでのNLP講座でやったワークの一つ「タイムライン」
簡単に説明すると・・・
立った状態で、立っている位置を「今」、後方を「過去」、前方を「未来」とします。
そして今自分が欲しいリソース(資源・資質・・・自信、幸せ感、ワクワク感etc.)を決め、その感覚を一番強く感じた過去に移動します。
過去の地点で見える情景や聞こえる音、体感覚などを五感を使ってありありと感じ、時にはその感覚を2倍、3倍にも膨らませて今に戻ります。

今感じるだけでもいいのですが、そのリソースを持ったまま想像する未来で体感したり、未来から今の自分を見ることも出来ます。
NLPでは脳は過去、現在、未来を認識しないといわれています。
実際に未来に同じような出来事が起きたとき、脳は初めての事ではないと受け止めるので順応しやすくなるそうです。


ここからは私の体験談↓

クライアント側に立った私の欲しいリソースは・・・

その場で出来る人の繋がりにワクワクする高揚感!

自分が今までで一番ワクワクしてたなぁ・・・という「過去」に下がります。

自然と足が止まった時代は5年ほど前の自分がリフレやフラワーエッセンスを始めてブログで人と知り合ったり、イベントで何処にでも飛んでいって出逢いを作っていた時代。

その頃で特に思い出された情景で
アフリカ大陸、ジンバブエのムビラという親指ピアノに惹かれ、楽器も購入して講習やライブにどんどん参加していた頃。

ムビラ記事を集めた過去のブログはこちら→●●●


ジンバブエでは祈りの儀式で使われているムビラ
西洋音楽のような音符や拍子が無く、代々口頭で伝えられているリズムや旋律をベースに、その場で生まれてくるグルーヴを楽しみます。

ムビラを弾いている時の楽しさ、当時の同じ趣味を持つ人たちと繋がる感覚、新しいものが生み出されてくる高揚感・・・・・それを感じている時に自然と私の顔は満面の笑顔になっていました。(付き添いのセラピストさん・談)

そして人と繋がる高揚感を持って「今」に戻り、更に近い「将来」に行きました。
半年後、新しい出会いや再会で同じような感覚や意識を持つ人たちが集まって、その場で出来る「場」を楽しんでいる自分。

しっかりと感じました!

なんか、広ーい、長ーい眼で物事見れば、上手く流れていくのかな~なんて思った瞬間でした。
[PR]

by i-love-freo | 2010-11-15 00:00