ヴィパッサーナー瞑想体験記(2) ~一日の流れに慣れる~

10日間のヴィパッサナー瞑想 日本ヴィパッサナー協会

体験記(1)~初めに~

*******************************

2日目
朝4時。遠くの方から鐘打つ音が清らかに響く。
これからこれで目覚めるんだぁ・・・
昨晩はちょっと興奮していたけれど、すぐに眠りに付けた。

洗面所までドミトリーを出て靴を履いていく。
まだ外は暗くてうす寒い。

顔を洗って口を濯いで瞑想ホールへ向かう。

スタートは何も誘導が無いところを見ると、昨晩やった瞑想法をやるんだろうな。。。
とひたすら鼻の呼吸を意識する。

途中ちょっと雑念が湧き出てくる。
止められない・・・

6時に今回の講師の方が入ってきて、ゴエンカ氏のテープをかける。
英語と日本語夜瞑想の説明に、パーリ語の詠唱

yogaで唱えるマントラのよう。

****

朝食はおかゆ、パン、丸ごとのバナナ、りんご、オレンジを自分の好きなだけ取って食べる。
ドリンクは牛乳、豆乳、コーヒー、紅茶、レモン、すり生姜、ハチミツ、砂糖が常に置かれている。

もちろん無言。
使った食器は全て自分達で洗い上げる。

****

朝食から昼食までの瞑想もただ鼻の入り口、中、上唇の上周辺に意識を集中し、空気に触れているところを感じる。

やっていて気付いた。
鼻の息が感じられない。感じられないときは意識して呼吸をフン!フン!と強めにするのだけれど・・・
半日そんな事をやっていてた。何でだろう???

****

初めてのお昼は玄米に揚げの入った野菜のマリネ。
心込めて作られているご飯って、こんな感じだったなぁ・・・
玄米が美味しい。
一口一口噛みしめる。

****

午後もひたすら呼吸を意識。
あるとき気付いた。
呼吸の通りが鼻の奥だ!
鼻の奥過ぎるみたい
意識して肺呼吸したら、風を感じられた。

指導だと呼吸もそのままを感じるというけど、私は呼吸を深くするのを意識しようとしているのに気付いた。

この日一日はなんか調子良い。

****

夕食は無く、今回初めて参加する新しい生徒さんは果物と飲み物、
2回目以上の古い生徒さんはドリンクのみ。

あまりお腹はすいていなかったけど、りんごを食べた。

食生活を正したかったことも今回の参加理由の一つなので、
今後身体の調子を見て食事の量も調整してみようと思う。

****

夜の瞑想もひたすら呼吸。
ちょっと意識が逸れたら呼吸を深めにして集中する。

そして夜の講話。
このヴィパッサナー瞑想が最初にどんなものであるのか、コースの終わりにはどんな風になるのか、
そしてゴータマ・ブッタが説いた解脱への道である「ダンマ」を今後説明していく第一章でした。

ここで私は改めてこのコースがブッダが説いたとても貴重な修行の道であることを知り、
ちょうど今こんな究極な事をしたかったんだよなぁ・・・と思っていた。
コースの終了後は私はどうなっているんだろう??良く変わっているに違いない!
そう思うと、これからが楽しみになった。

整えられた環境の中で、出来るだけのことをしてみたいと思い、かなり興奮した状態で一日を終えた。

そんな状態だったので、夜はもちろん眠れない。
何度も寝返りをし、気持ちを落ち着かせようとしても目は冴えるばかり。

やっと眠れてまた目が覚めた。
もうすぐ朝4時の鐘がなるかもしれない。
と思っても何の変化も無かったので、思い切って外へ行ってお手洗いへ行った。
時計を見たら、まだ1時半・・?!
一人で鐘を待ちわびていた自分に少し笑ってしまった。

その後うつらうつらしていた頃に2日目の朝の鐘が鳴る・・・(涙)




(3)へ続く
[PR]

by i-love-freo | 2010-10-29 02:00