メディテーションライブ で旅に出る

昨晩は新年明けてすぐの
音楽による異空間への旅、中島直人さんのメディテーションライブに行ってきました 


和室の大広間には一人ひとりのために座布団で簡易敷布が設けられていて
音楽を聴きながら眠りOKのライブです(上掛け持参)


「良い旅を・・・」でライブは始まり

 *Silkroad oboe/管子(かんづ)(絹之路大陸的葦笛)
 *Grass Tar/草の太鼓(植物界的鼓動)
 *Voice/聲(心的囁)
 *Harmonium(ハルモニウム)/インド・オルガン(印度的大河)
 *Egyptian tambourine/リック(砂漠的鳴物)

これらの楽器が音楽を奏でます


大草原・・・広大な砂漠・・・
自分の身体でない、でも確かに自分がそこにいる

懐かしい感覚

そして聴いている人たちそれぞれが
各々の旅をする

そして終わった後は本当に多くの言葉は必要ないんだと実感できる、
そんなライブです
言葉で説明するのは難しいけど
行った人ははまります



実際私、今回初めての参加だったのですが
管子(かんづ)とハルモニウムのハーモニーを聴いたとたんに
意識で蓋を被せていた私の感覚が湧き出てきて
涙が止まりませんでした・・・

音楽、ハーモニー、共鳴する、繋がる
そんな本来私たちが持っている(そのもの)の感覚に立ち戻れる時間でした


こちらのライブ、東急東横線多摩川駅から徒歩5分の公民館にて定期的に行われています

興味のある方はぜひどうぞ!
[PR]

by i-love-freo | 2010-01-05 00:00